ビッチとニッチの褐色組織論

自ら顧みてなおくんば、千万人ともいえども我行かん

未回収のイタリア(前編)

こんばんは。今日も仕事を終えて脳死ウイスキーを飲んでいる龍崎薫です。

龍崎薫ちゃんいいですよね。

舌足らずで元気に周りを励ます幼い彼女はまさにパッションの鑑と言えます。

いきなり余談ですが薫ちゃんはは僕がデレステを始めて最初に手に入れたアイドルです。

周りのオタクたちはリセマラとか一生懸命やってますがぼくは一期一会を大切にするのでリセマラに興味はありません。

幼いアイドルは成長した姿を想像するのも一興ですよね。

uzuyamamoo.hatenablog.com

薫ちゃんは普通にスーツも似合いそうで営業といった仕事もできそうですね。

仕事帰りでちょっとお疲れ気味の龍崎薫ちゃんに上半身シャツに下半身裸で攻められたいです。

 

おふざけはさておき、今回は今年の3月のイタリア卒業旅行の模様をお届けしたいと思います。

まだぼくが社会に希望をもっていた頃ですね。

f:id:sacra_berkut:20170801234922j:plain

↑入社する前のぼくの将来像

 

f:id:sacra_berkut:20170801235110j:plain←研修に洗脳された入社後のぼく

 

イタリアへの旅路は大体一週間でした。(まあ飛行機の時間が長い)

大学の語学の友達と一緒に行きました。(全員ちんちんがついています)

KLMというオランダの航空会社をつかい、スキポール空港といういわゆるハブ空港を経由してイタリアへ。

スキポール空港へ向かう機内のぼくは気が確かではありませんでした。

長時間の移動時間、テンションが上がり調子に乗った僕はすぐさまビールやワインといったアルコールを頼んでしまいます。

最初のうちはぽかぽかしてきて気持ちがよかったのですが、急変、いつも混雑し謎の外人たちがたむろし始めるトイレを見つめながら、「吐きたくない」「吐きたくない」と自分に言い聞かせる地獄を6時間くらい送りました。結局吐きませんでした。

現在の飛行機内はタブレットが常備されており、様々なゲームや映画を楽しむことができます。

ぼくたちは英語のミリオネアみたいなクイズにチャレンジし、知能を併せて全問正解し、億万長者になりました。腐っても早稲田ですね。

映画はシンゴジラ君の名は。を見ました。君の名は。は二回目でした。

シンゴジラ、おもしろかったですね。面白すぎて主人公のモノマネしてたらこれが結構友人たちに評判で、旅行終盤までこのモノマネをイタリアの各地の名所でやるはめになり、ジプシーたちを自然に威嚇していました。

ぼくたちはツアーでイタリアに行ったわけですが、ツアーというのは嫌だねえ。

御マンコの群れが僕らの後ろの座席にずらっ(花丸)

タブレットが座席の後ろに設置されているのがまた難儀なものでこのマンコたち、なんと前に座っているぼくを気にせず画面を連打!

なんのゲームをプレイしているのかわかりませんが、ここまで人のことを考えられないのかとぼくらは唖然。

f:id:sacra_berkut:20170802001215j:plain

↑ずっとこんな顔してました。

 

まあ彼女たちとはこの後も邂逅を果たすことになります。

それにしても海外だと普通に水が蓋のついたカップで出てくるのが面白いですね。

最初はゼリーかと思ってました。

スキポール空港に到着後、ぼくたちは時間つぶしの為、バーにいきました。

そこでは黒人の従業員の女性がおり、僕たちが日本人と分かってすぐに

「なんで日本人はマスクをしてるの?病気なの?」と質問をぶつけてきました。

ぼくはなんとか「喉を乾燥から守ってるんだ」的な取り繕いをしましたが全く通じませんでした。発音って大切。

とにかく病気ではないことを分かってもらえたのはうれしかったです。

そしてスキポール空港からイタリアへの飛行機へ搭乗。

さすがに一回り小さな飛行機だったのですがこれが揺れる揺れる。

機長はまるでWWⅡのイタリアエースパイロットの風格でした。

機内アナウンスも何を言っているのか分からないのも不安を掻き立てます。

乱気流は怖いですね。無事にイタリアのどっかに到着(忘れた)

機内でぼくはコーラを盛大にこぼし、隣のイタリア人夫婦に「大丈夫?」的なことを言われ「ドンマイ」ってニッコリ答えたのを記憶してます。すぐにハンカチを渡そうとしてきた優しさ、忘れません。涼しげに無問題な顔をしてましたが実際めっちゃズボンがベタベタになってて大変でした。

途中で見えたおそらくアルプス山脈がめちゃんこ綺麗でしたね。

 

といった感じでイタリア滞在が始まるわけですが、観光の模様は次回ということで。

チャオ